読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上がって下がっての繰り返し

きーたん

 

I'll be there(初回限定盤)(DVD付)

I'll be there(初回限定盤)(DVD付)

 
I'll be there

I'll be there

 

 

こちらもちゃんと購入。

 

うんうん。歌詞の最後のフレーズで相葉くんがマイクを握り直したのもカッコよかったけど、1サビで横一列に並んで歌ってる時に、相葉くんと潤くんが同時にマイクを握り直したところもすっごいすっごいカッコよかったと思うんだ!かざまぽん!!!!

手の振りはまだ体には染み付いてないので、そのうち、わたしは忘れてると思います。FNSは1回目のお披露目です!感。でも、時間が限られてようが何だろうがやれと言われればもちろんきっちりやりますよ、感があって、だいすきな嵐さんでした。主題歌が発表されてから初披露もCD発売が近くて、慌ただしい感じが楽しい。Mステも楽しみ。

 

これ↑書いたのが発売日だったので。

Mステも見た!2番の鏡演出、潤くん!ジュニアさんたちの贅沢極まりない使い方がお嵐様感すごかった(笑)最後に全員出てきて淡々と手の振りを揃えて踊ってるのとても良かった。アウトロで全員正面向いてババっと踊ったのカッコ良い。一瞬だったけど、バックの子たちのダンスがもっと見たくなった。組織のピラミッドがよく見えて楽しかった。

サビの横一列のとこ。翔潤が入れ替わってた?相葉くんセンターの末ズと山が好きだった。

 

CDも聴いたー。あいるびーぜあは、相葉くんの歌い始めと、潤くんと相葉くんの声が重なってるところが好きです。2番の歌い始めが潤くんでビックリした。カップリングで好きなのは、あらうんどあんどあらうんど。サビの解決しそうでしないフワフワした感じが癖になってます。にのみーが言うように歌詞が若いけど(笑)でも曲と聴こえてくる言葉があってるので好きです。

 

御前様も観てるよ!!たのしいよ!!

1話目より2話目のほうが楽しかった。1話目はちょっと長かったかなと。はじめの回だから自己紹介的な部分もある?咲ちゃんが御前様にキャンキャン戯れるけど、小指であしらわれてる感じが、可愛いけど心がチクチクしてツライ(笑)御前様、ド正論ぶん投げてくるんだもん。こあいよー。2話目のほうが咲ちゃんが完敗だったから、余計に御前様の「本当の悪人は冤罪を生み出す女探偵さん」ってお言葉が効いたわ。しょんぼりしてる咲ちゃんの前に現れて反省を言えるタイミングを作ってくれた御前様やさしー!と思ったけど、まあ特にそのために出ていってやろうなんて思ってないやな。咲ちゃんに向ける優しさを期待してしまうー。つい咲ちゃん目線で見ちゃうんだよなぁ。鼻さんあたりから見れば良いか。貴族御一行の再現Vが好き。山本さん名俳優!!とってもコミカルで女性らしかったです。あとは、音楽がとてもとても好き!クラシカルな音楽がカッコええ。鼻さんが迷推理するときにかかってる手拍子のある曲も好き。いつの間にか流れてるんだよねぇ。

相葉くんは一般的には貴族のイメージからかけ離れてるかもしれないけど、御前様に正しいことを言われて、ぐうの音も出ない感じは、相葉くんのインタビューとか読んでると同じ感覚になったりする。日頃の行動だとか、信念もってしっかり立ってるのを見てるからね、相葉くんに言われて、自分を振り返る場面は多々ある。最近は特に多いなぁ。そこが御前様と似てるわけではないけども(笑)ブレない言葉と実績が伴ってるなということ。

それに、相葉くんのお芝居はけっこう好き。特に舞台は大好きだった。宮田さんとまたやって欲しい。*12話目のほうが表情が自然でハッとするものが多かった気がする。最初に咲ちゃんを見つけたときの、今回も面白いものを発見した感が好きだった!インタビューとかでもっと淡々とやろうかと思ってたって言ってたけど、それよりも表情豊かな今のほうが素敵。監督さんとたくさん話し合ってるみたいだし、宮田さんみたいに相葉くんに合ってるのかな。でも、セリフで相葉くんの癖が聞こえたりすると我にかえることも多くて。1話目を見たときなぜか未満都市のアキラくんを思い出した。*2言い慣れない言葉だからかな?幼く聞こえるときもある。ま、それはそれで楽しんでまーす。

 

しかし、あーばさんの働きぐあいが半端ない。山のような雑誌とテレビ取材に、5人レギュラーに1人レギュラー、ドラマ撮影に、短期連載(小まめな更新)etc…。や、もう、相葉さんのストレスや疲労を宇宙の彼方に飛ばす魔法を誰か…えらい人…。

 

*1:単純に宮田さん演出が好きなのもある

*2:最近見返したってのもある。いやほぼそのせい。

広告を非表示にする