上がって下がっての繰り返し

無題

 

 

 

買ってしまったー。録り直したっていうから。わたしがSHOCKを観た最後はおそらく2013年のはず。美波里さんの登場で、今までのSHOCKへのモヤモヤが綺麗に無くなって納得した感覚を覚えてる。四年?も経ってるから、知らない曲がある気がするんだけど、勘違い?(笑)覚えて無いよー。記憶にある曲でも、こんなオケだったっけ?!こんなアンサンブルあったっけ?!ってなってる。しかもさ、すごい、ザ・ミュージカル!!してたんだね…(いまさら)。いや、ちょー楽しい。ダンシングオンブロードウェイとか大好きなミュージカルの要素が溢れてる。頭から終わりまで全部。特に後半のリットしてるところとかさ大好きよ。うん、そこにトキメキあるよね、うんうん。ニューヨークドリームもすんごい好き。美波里さん大好き。そのザミュージカルのカッコよさとは別の、そりたりとかでっとあらいとかの生オケだけじゃ再現できないような曲と、後半のショーのためにある曲*1が綺麗に1つのストーリーに収まってるのって改めて聴くとビックリじゃない?このバランス感覚すごい。でも、観たことないひとが聴くと違うのかもな…。最初にも書いたけど、美波里さんがオーナーになるまでは、無理やりなところがあるなと思って観てたから、2013年に観ておいて良かったな、わたし。いまはもっともっと進化してるんだろーな。

 

改めて衝撃を受けたので書き留めとく。

*1:むげん、めっっっちゃカッコいい曲!!!

広告を非表示にする