上がって下がっての繰り返し

無題

穏やかな日ですねぇ。
何もしないで休日が過ぎていきます。

守り人シリーズも読み始めて4作目が終わりました。
つぎが上下巻なんだよねー。長いな。
いやー、旅をするのは疲れるからね!(絶賛逃避中)
ん。面白いす。

あー、ビール飲みたい(だめなおとな)

オリコンイベントを書きたいんだけど、書き始められないから違うことをつらつら書く。

ちがうの。嵐さんのハワイのBlue-rayを見てしまったのよ。もう何故か号泣ですよ(笑)いやんなるなー。

あのねドキュメンタリーを見ててさ、この人たちの優しさというか人間力というか、そーゆうのをね改めて感じました。めっちゃ良い人たちなんだよ。まじで(笑)言葉や行動の端々に優しさ詰まってるから。見てみ?わたしの知る限りずっとそうだよ。
なんて書けば伝わるのか分からないんだけど、彼らは求められることを相手以上に理解して返してくれる。そんなの当たり前な世界にいるから当たり前なのかもしれないけど、それを当たり前だ!って言われたって、うんそうだよね、もっと頑張るねって受け入れてどんどん人として強くなってしまうような。それなのに相手に自分を受け入れてもらおうとはしない。望まない。そんな彼らは冷たくて怖くて強いなってわたしはずーっと思っていて。きっと、こんな風にファンが言葉にするような美化することも受け入れない。そんな嵐という自分たちだけの殻を必死に守っている彼らを好きだなと思う。
わたしはそんな彼らに憧れるの。人に優しくなりたい。無意識に優しくなりたい。返ってくるものが無かったとしても当たり前のように人に優しくなりたい。でも他人に評価されることに振り回されず自分の価値観を自分で判断できるような、何が正しいのかは自分で決めれるようなひとになりたい。自分を核として持っていたい。そしてそれが正しくありたい。わー!わたしの話しになっちゃったね(笑)
話しを戻すと、、わたし*1にとって何よりも大切なのは他人の言葉じゃなくて彼ら5人が感じてることで、それを彼らが幸せだと思って私たちに見せてくれてたらそれが一番の幸せだと思う。ライブ映像を見て、彼らの笑顔がわたしの中でいつもよりたくさん見れたなと感じて、それがとてつもなく嬉しかった。笑顔が可愛かった。嵐が嵐を大好きなことが最大に嬉しい。それが改めて見えたハワイコンでした。行ってないけど(笑)

とりあえずアップ。

*1:5/21書き変えました

広告を非表示にする