上がって下がっての繰り返し

Mozart!

楽しみにしてた

11月14日昼公演

f:id:bibi05_05:20141115113606j:plain


平日の真っ昼間公演で初日でも楽日でもなくX列の端から端までお客さん入ってた

芳雄さんスゴイよなぁ

舞台から客席を見たら圧巻だろうな

帝劇がお客さんでパンパンなの嬉し

キャストはこちら

f:id:bibi05_05:20141115113912j:plain

井上 ✕ ソニン

楽しみにしてた!!


ソニンのホームページで申し込みしたらC列がきてビックリ

(モーツァルトのチラシにソニンのサイン付き♪わーい!)

夏のサイゴンと同じ席でした

やっぱね前すぎるの良くない(笑)

スピーカーから直接音が聞こえるからライブ感が減るー

でもね、役者さんの表情が細かく観れて何回か観てるモーツァルト!の新しい発見があってすーごく楽しかった


井上ヴォルフガングちょうかっこいいー!!!

ほんと芳雄さんの舞台に立つ姿ってカッコイイな

あんな近くで芳雄さんの歌う姿はなかなか観ないなって思っていっぱい観てきた

僕こそミュージックの井上さんってキラキラしてて私のウォルフガング像そのままって感じ

最後の方はどんどん生気が無くなっていっちゃうけど本来は本能のままに音楽を生み出して奏でて大好きなパパに家族に喜んで欲しい!って思いが強いんだろーなってイメージだからそこの芳雄さんの表情とか広がる歌とかぴったり

うーん単にモーツァルト!のヴォルフガングは芳雄さんが初めて観た役者さんだからかなぁ?

真面目ちゃんな芳雄さんよりチャラいはっちゃけた芳雄さんのほうが好き

ときめくー!(笑)

居酒屋でシカネーダーと踊ってるのとか(吉野さんと踊ると二人してスタイルがいい)

夜のウィーンの公園でコンスちゃんをナンパしてるときとか(この時の芳雄さん180度以上開脚してるんだけど…)

食堂のシーンでテーブルに飛び乗ったりとか…かっこいい

スタイルいいんだもん


食堂のシーンといえば祐さまのマントさばきが流石で震える…

ウエディングドレスのベール並に長くて布の量の多いマントを綺麗にひるがえすのよ…

そろそろ人間からヴァンパイアに戻りましょうよ…

観たいよ(>_<)クロロック伯爵(>_<)


市村さん変わってなかった!(と思う)

1幕はほぼ出ずっぱり?たいへん

市村パパは厳しくて優しくて好き

心を鉄に閉じ込めて とかいつもちょっと眠くなっちゃうんだけど(笑) しんみりしちゃった

この前の芳雄さんのモーツァルト特番を見てね、パパとヴォルフガングは親子だけど師弟関係でもあって、そうすると市村さんってぴったりだなぁと思って

カテコでちょっぴりふざけたりアマデちゃんを優しい顔で見守ったり

おかえりなさーい!


ソニン!!

すこし違和感が…

ダンスはやめられない

楽しみにしてたけどそこまで頑張らなくても!って感じてしまった…

近すぎたか…?

でも熱い熱いソニンちゃん大好きなんだよー(>_<)

育ちゃん負けちゃいそう…

今回全部ソニンなのでね(笑)

12月とかになったら変わってそうだなぁ


アマデちゃんがしっかり見れて良かった

アマデがモーツァルトの腕を羽ペンで刺すとき、ちゃんと赤い血が出てるのね!

初めて知った…!

そのまえの狂ったように曲を書いてるときの表情が…子役ちゃんスゴイ(>_<)

ヴォルフガングが遊んでるときにぷんすか怒ってるアマデちゃんきゃわいい

階段すこし踏み外しちゃったね…

芳雄さんがすぐさま振り向いてた

パパが死んじゃってヴォルフガングを絞め殺そうとするときに機械人形みたいに無表情で力だけ強い感じとかほんとすご

そのあとシカネーダーから魔笛の脚本をもらった時にぱぁ!っとキラキラした表情するのねー!

ヴォルフガングも脚本をほいよ!ってアマデちゃんに渡すけど、さっきまで殺されそうになってたのに(笑)

最後にヴォルフガングの心臓を突き刺して自分も死ぬシーン

開放されたみたいに笑ってるのよ…

ひと言もセリフ無いけどアマデちゃんがいるからこのミュージカル好きなのかもなー

ヴォルフガングとアマデちゃん

カテコも好きなの

2人で緞帳の前に出てきて仲良しなのが見れる

ふたりが主役だねぇ


忘れてたってのもあるけどこんなにコロコロと話が進んでいったっけな


楽しかった♪

つぎは育ちゃんで観るよー!

広告を非表示にする